Web会議の注意点やマナーは?相槌はやめたほうがいい?

スポンサーリンク

皆さんこんにちは!

 

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い

テレワークする社会人が増えてきました。

 

そんな中ZoomやTeamsなどの使用して

web会議などを使用する機会が

増えてきたと思います。

 

まだまだ不慣れなweb会議

いつも通り相槌をして大丈夫なのか?

服装はどうなの?

とわからない方もいらっしゃると思うので、

今回の記事ではweb会議の注意点やマナー

等についてお伝えしていきます。

それではごゆっくりご覧ください。

 

web会議の注意点やマナーは?

 

web会議の注意点は?

 

web会議の注意点についてお伝えしていきます。

 

web会議では

マイクやヘッドホン・イヤホン・カメラなどの

機材を使っている方が多いと思います。

 

なのでカメラを使用するビデオ通話も

ありますよね

 

その場合自分の映像が画面に表示されるので、

目線や動作が見られる状態になります。

画面越しということにより、

目線が違う方向に向いていたり、

動作が多くなってしまうと

いつも以上にこの人話聞いてる?

と相手からよく思われない可能性があります。

 

また、カメラ位置が目線にあっていないと

どこ見てるんだろう?時になる人もいるので、

パソコンを使用する上で、画面は

見ると思いますが、カメラ位置には

注意したほうがいいかもしれませんね。

 

また、人によっては声の大きさが

違ったりして、音量の調節が

難しい場合もあるのでご注意ください。

 

web会議のマナーは?

 

web会議のマナーについてお伝えしていきます。

 

特にお堅いマナーはないのですが、

普段会議などで相槌など入れると

思いますが、web会議では

ラグの発生を助長することになるので、

なるべく抑えたほうがいいかもしれません。

 

服装についてお伝えしていきます。

服装は自宅でのweb会議でも

襟のあるシャツなどで

参加したほうがいいでしょう。

自宅とはいえ社会人なので、

通勤するときと同じように

髭や髪を整えたほうがいいと思います。

 

web会議あるあるは?

 

web会議あるあるについてお伝えしていきます。

 

自宅でweb会議などをすると、

宅配便や赤ちゃんやペットの泣き声など

で悩んでる方が多いようですね。

 

こればかりは仕方がないとは思いますが、

できるだけそういった音が入らない場所を

選ぶことが大事だと思います。

また、自家用車の中も一つの選択肢だと

思います。

web会議ツールの「Zoom」では

背景を設定できる機能があるので、

Zoomを使用されている方は

ぜひお使いください!

まとめ

ここまでご覧いただきありがとうございました。

web会議の注意点などをお伝えしました。

今後もテレワークを実施していく会社が増え

web会議が増えていくと思うので、

少しでも参考になれば幸いです。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク